ページ内を移動するリンクです

旅館総合研究所

「お客様を獲得すること」「お客様に満足してもらうこと」は分けて考える必要があるのです。

ここからメインコンテンツです

時代はAIDMAからAISASへ。

いまのお客さまは、旅館から発信される「綺麗」なメッセージは信用してくれません。
実際に宿泊したお客さまの「生の感想」や、実際に働いている人の「生の声」を活用した旅館が、成功しています。
だからこそ、積極的な「情報発信」が成功へつながるのです。

イメージ図

※AIDMAは、消費者が商品をはじめて知り、購入にいたるまでのプロセスを「Attention(認知)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の5つに整理し、その頭文字をとったもの。1920年代に米国のサミュエル・ローランド・ホール氏によって提唱。
※AISASは、1995年に電通によって提唱されたもので、AIDMAにあった「Desire」と「Memory」を「Search(検索)」に置き換え、「Action」の後に「Shere(共有)」を追加したもの。

サービスアウトライン

ネットエージェント運用代行
プラン作成 / お品書き作成 / 楽天トラベルカスタマイズページ制作 / 口コミ対応 / 特集対応 / 懸賞対応 / 広告管理 / ブログ運用代行 / メルマガ運用代行 / 業績レポート作成
自社サイト集客支援
自社サイト制作 / スマートフォン対応ページ制作 / ガラケー対応ページ制作 / Facebookページ制作 / リスティング広告管理 / SEO / MEO / アクセス解析 / メルマガ運用代行 / ソーシャルメディア運用代行(Twitter、Facebook、ブログ等)
その他
広報 / 写真撮影 / 動画制作 / フラッシュマーケティング対応

事例

クライアント施設エリア:図

CASE1【作業代行型】95室のレジャーホテル

背景
ネットの売上が落ち込んできた
プロモーション
インターネット中心
ネット比較
全予約の20%程度(142室)、
全予約の60%(150室)
体制
ネット担当は、フロント業務。作業は深夜残業にて
在庫管理
在庫管理ソフト(手間いらず)
施設様のねらい
  • Webでの売上をとにかくあげたい
  • 手が足りない部分をサポートしてほしい
    (元のプランは社長が作成)
  • 販売促進活動(新着情報更新、メルマガ発信)を強化したい

具体的手法

1.毎週ミーティングを実施

週一回の定例ミーティングをスカイプ(テレビ会議)にて実施
(1回30分程度)
この話し合いの中で、

  • 毎週の業績確認(レポートをもとに)
  • 月一回のメルマガ内容の打ち合わせ
  • 新着情報更新内容のすり合わせ
  • ホームページのチューニング

などを協議し、実行

2.ミーティングに基づき、旅館総研にて作業を実施

本施設様の場合、

  • 各サイトへのプラン展開(元になるプランは社長が作成)
  • 自社メルマガ、楽天R-MAIL、じゃらん販促メールなどの発信
  • クチコミ返信の代行

などを担当

CASE2【現場指導型】142室、150室のグループホテル

背景
JTBなどリアルAGTからの送客が大きく減少(142室)インターネットの売上が頭打ち(150室)
プロモーション
リアルAGT営業が中心(142室) ほとんどプロモーションを行っていない(150室)
ネット比較
全予約の20%程度(142室)、 全予約の60%(150室)
体制
ネット担当は、フロント業務。作業は深夜残業にて
在庫管理
TLリンカーン(142室)、手間いらず(150室)
施設様のねらい
  • インターネット売上をあげたい
  • イールドマネジメントを実施したい
  • 担当者のスキルアップをして、自立できるようにしてほしい

具体的手法

1.月1回ミーティングを実施(当初6ヶ月)

旅館総研にて、テーマを設定し、月一回の会議を実施
(3時間程度)
この話し合いの中で、

  • 施設様の強み・弱みにあわせたプラン展開
  • 写真撮影のフォロー
  • 実際のプラン文言作り

を実施

2.週1回ミーティングを実施(7ヶ月目以降)

毎週1回のミーティングにて、

  • 前週の売上状況
  • 直近の部屋の空き状況を把握した上での打ち手の決定
  • 少し先に集客を見据えての打ち手の話し合い

などを実施

CASE3【フルアウトソーシング型】89室のレジャーホテル

背景
JTBなどリアルAGTからの送客が減少
ネット担当者の時間が取れない
プロモーション
リアルAGT営業が中心
ネット比較
全予約の20%程度
体制
ネット担当者は、予約と兼務
在庫管理
TLリンカーン
施設様のねらい
  • インターネット売上をあげたい
  • ネットに関する業務をできる限り外部に出したい
  • 積極的にイールドマネジメントを行いたい

具体的手法

1.毎週ミーティングを実施

毎週1回のミーティングにて、

  • 前週の売上状況
  • 直近の部屋の空き状況を把握した上での打ち手の決定
  • 少し先に集客を見据えての打ち手の話し合い
  • 具体的販売促進方法のご相談(Facebookマーケティング含む)
  • ホームページのチューニング(メンテナンス)

などを実施

2.ミーティングに基づき、旅館総研にて作業を実施

本施設様の場合、

  • 各サイトへのプラン企画・展開
  • 自社メルマガ、楽天R-MAIL、じゃらん販促メールなどの発信
  • じゃらん宿ブログの定期更新
  • クチコミ返信の代行
  • 自社ホームページの定期メンテナンス

などを担当

ここからフッターナビゲーションです